サツマイモの「つる返し」に挑戦!元気に育つことを願って。

サツマイモの「つる返し」に挑戦!元気に育つことを願って。


埼玉県草加市にある「ハラッパ団地・草加」は「新しくて、あったかくて、どこか懐かしい」を目指したリノベーション団地。

入居者や地域の方が安心してあたたかい気持ちで暮らしていけるような場所を目指して日々、さまざまなイベントを行っています。

今回は夏真っ盛りの8月21日にハタケ部で行われた「サツマイモのつる返し」のリポートをお届けします!


20201015 Img 5443

まずは雑草とりからスタートです!

大切なサツマイモの栄養が雑草に取られては大変!

みんなで土づくりから苗植えまでがんばってやってきたサツマイモを守るため、まずは周りの雑草取りからスタートしました。

今回は3組のご家族が参加され、暑い日差しが照らす中、たくさん生い茂った雑草をがんばって取りました。

そして、いよいよメインの「つる返し」へ。

20220915 305578961 1980620938814271 7380102066379775818 N

大きなサツマイモを収穫するために必要な「つる返し」

そもそも、つる返しとはサツマイモのつるが1m以上伸びたら、つるを持ち上げて裏返しにして土に隠れている株元に戻す、という作業です。

でも、どうしてつる返しをしなければならないのでしょうか。それは、サツマイモの繁殖力の強さに理由があります。

つるが伸びて地面につくと、なんとそこから根を張って新しいサツマイモを作ろうとします。

「たくさんサツマイモができていいんじゃないの?」と思われるかもしれません。

確かにそうなのですが、サツマイモがたくさんできればできるほど、栄養が分散してしまい、大きなサツマイモができなくなってしまうのです。

せっかく育てて収穫するなら、大きなサツマイモがいいですよね。味も食べごたえも十分!

サツマイモを植えたのは今年の6月26日。「紅はるか」「シルクスイート」「安納芋」の3種類です。

ちなみに、サツマイモはジャガイモやサトイモと違い、苗から植えます。

かわいい苗から大きくておいしいサツマイモを、秋に収穫するのが、今から楽しみですね!

20201015 Img 5513

夏の思い出づくり!ハタケ部の活動をご紹介

サツマイモのつる返しが終わると、次はハタケ部で収穫した夏野菜を使っての「ピクルス作り」と並行して「スイカ割り大会」をおこないました!

スイカ割り大会では、子どもたちが順番にチャレンジ。

「もっと右!もう少し左!」「そこそこ!」など、楽しいかけ声が響き渡って大盛り上がり!

最後は、お父さんがまるで侍のように綺麗に割って、あま~い大玉スイカをいただきました。

ちなみに、今回いただいたスイカは、豪雨で被害を受けた地域のもの。ハタケ部では、食品ロスにも貢献しています。

サツマイモのつる返しからはじまり、夏野菜のピクルス作りやスイカ割り大会と、夏っぽいイベントが盛りだくさんでした。

季節の終わりは寂しさを感じるものですが、特に夏の終わりは強く感じます。

でも、そんな夏の終わりを感じながらも、みんなで楽しく過ごすことができた1日でした。

今後もハタケ部の活動や各種イベントの様子などをお届けしていきます。

2022.9.15 NEW!
所在地
埼玉県草加市旭町6-14-1(6-14-2)
交通
東武スカイツリーライン「新田駅」徒歩8分
総戸数
55戸
駐車場台数
26台
敷地面積
5950.43m2
建築延床面積
3570.48m2
構造・規模
鉄筋コンクリート造 地上4階建
竣工
昭和46年1月
リノベーション
2018年5月大規模リノベーション工事完了
「ハラッパ団地・草加」までの路線図